肝班にはどんな美白化粧品がいいの?

30~40代になってくると、シミが急に増えたような気が
するのは私だけ?


でも、もしそのシミが不鮮明な色で、額・頬・口周りに
左右対称の形をしていたら、単なるシミではなくて肝班という、
ホルモンが原因のシミかもしれません。


肝班を治療するには一般的な美白化粧品を使っても
消えないそうです。


現在、肝班に有効とされている美白成分はハイドロキノン、
トレチノイン、トランサミンの3つが代表的で、ハイドロキノンは
ビーグレンやアンプルールという美白コスメに入ってますね。
あとトレチノインはオバジニューダームという化粧品には
配合されてるみたい。


ビーグレンやアンプルールも美白コスメの比較サイトでは
常に上位で人気もあるみたいです。
肝班で悩んでいる方は肝班に効く成分が入っている
美白化粧品を選びましょうね♪


意外だったのがトランサミンという成分、
これ別名トラネキサム酸というものだそうで...
どこかで聞いたことありませんか?


そう、風邪薬のストナT!肝班用の治療サプリメント、
トランシーノに入っているトラネキサム酸と1日分の成分量が
750gと全く同じってのが笑えますw


だからって、風邪薬で肝班治そうとしちゃダメ
ですよ(゜∀゜;ノ)ノ

このブログ記事について

このページは、ruchiruが2011年6月10日 20:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハイドロキノン配合の美白化粧品の評判は?」です。

次のブログ記事は「美白美容液の使い方裏技テク♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja